携帯買取キャッチャー

三角の画像
TOP > 携帯買取情報 > データを削除して携帯買取をしてもらう

データを削除して携帯買取をしてもらう

携帯買取をしてもらう場合は、必ずデータを消去するようにしましょう。
データが残っていても悪用されるような物がないと言う方はそのまま店に持っていく場合もありますが、データの削除をしていないと査定すらしてもらえない場合があります。
その場で削除をするのでは時間がかかってしまいますし、疲労も溜まってしまいます。
そのため持っていく前に自宅でデータを消去するようにしましょう。
中にはデータを削除しても復元されてしまうのではと考えてしまう方もいます。
ニュースなどを見ているとデータを復元した結果と言うフレーズを聞く事があります。
削除しても復元されてしまうのでは危険で携帯買取をしてもらう事ができないと考えてしまいます。
データは復元する事ができますが、よほどの知識を持っている人でなければ行えません。
そのため削除しておくと復元される可能性は少ないです。



SDカードを抜いて携帯買取をしてもらう

SDカードなどの付属品は必ず抜いてから携帯買取を依頼するようにしましょう。
多くの人が抜き忘れてしまい、そのまま査定をして買取をされてしまう場合があります。
店に持っていくと従業員の方もチェックをしてくれますが、中にはチェックしないままで買取をされてしまう場合もあります。
大切なデータが入っている場合は紛失をしてしまう事になりますし、さらに第三者の手に渡ってしまうので悪用されてしまう危険が出てきます。
抜き取りをするだけであれな数秒で終わるので、自宅から持っていく前に必ずチェックをするようにしましょう。
SDカードの中になにもデータが入っていない場合でも、必ず抜くようにしましょう。
SDカードが入っているからと言って査定の金額が高くなってしまう事はありません。
入れたままにしてしまうと、ただSDカードを無くしてしまった事になります。



本人でなければ携帯買取はしてもらえません

携帯買取をしてもらう際は、必ず本人が店に行くようにしましょう。
基本的には本人以外からの買取依頼は断られてしまいます。
家族であっても同じ事になります。
なぜ本人以外からの買取を断っている店が多いのかと言いますと、後からトラブルになってしまう事を防ぐためになります。
本人以外からだと買をした後にやはりキャンセルしてほしいと言われてしまう場合もあります。
キャンセルと言ってもお金を返すだけでは無い場合があるので、そのトラブルを防ぐために本人以外からの買取を断っている店が多いです。
携帯買取の際に本人ですかと聞かれて答えてしまうと、家族に言われて返してほしい場合でもどうする事もできなくなってしまいます。
未成年の方が携帯買取をしてもらう際も本人が行くようにしましょう。
保護者の方がついて行く事によって、買取を行ってもらう事ができます。

次の記事へ

カテゴリー